勃起は「男性であることの精神的象徴」

勃起は「男性であることの精神的象徴」

 

出張回春エロアンマ「人妻・熟女マッサージYUKARI」。35歳以上の人妻・熟女世代のマッサージ師が熟練された睾丸マッサージ(=ジャップカサイ)で貴方は「夢精のようなハッピーエンディング」を迎えます。その後はそのままお眠りください。オイル、鼠径部オイルリンパなどの正統的なマッサージスキルも抜群。そして睾丸を知り尽くした、そのジャップカサイのスキルは「金玉とは何か?!」を再考させます。『勃起は「男性であることの精神的象徴」』の紹介です。

 

女性の場合は「閉経」という、「失礼ですが」わかりやすい「シニア世代への入り口」というのがあります。肉体的にも「更年期」の様々な症状が出始めますが・・・。

一方の男性は?!「テストステロン」も加齢とともに減少し始め、ほぼ女性とも同時期には「勃起」もままならぬような、「ED」の症状も出始めるのではないでしょうか?!

 

 

最近でこそ、「男性更年期」という概念が言われ始めていますが、勃起について言えば、シニア世代以降の年齢でも元気な人は私のまわりでもいますが「シニア世代への入り口」が分かりにくい、人によると、いえるでしょうか?

しかし、覚えている方もおいででしょうが、ジェニファー・ロペスとベン・フレックの結婚の際の婚前契約書では「週に最低4回セックスする」という内容が話題になりました。怖っ?!外国ではやはり「勃起」は男性の象徴で、セックスレスという概念は日本同様にあるのか?!誰か教えて。

シニア世代になると、普通は加齢とともに「テストステロン」も減り、勃起力も自然と落ちてきますが、そうはいってもアラフィフ=シニア世代あたりで、EDになると精神的は落ち込みます。

「若さ=勃起」みたいな、「俺ももうだめかな?!」みたいな、・・・。「障子を勃起したちんぽでつきやぶりたい、・・・。」、「バスタオルだってかけられるよ~」・・・すいません。

そのぐらい、勃起」は男の精神的主柱といえると思います。

テストストロン「勃起」への影響力以外にも「男のやる気=精神力」にも大きく影響を与えます。

イギリスで行われた、45~59歳の男性に対して、性行為を含めた性的興奮の頻度を調査した結果、多い人ほど長寿だったという、結果が出ています。これは、テストステロンがおおいということ、そしてテストステロンの健康への影響度も含んでいるのでしょう。

 

 

テストステロンはストレスに弱い!

テストステロンはストレスに弱いといわれますから、ご注意を。日常生活の中で常にストレスのかからないように心がけ、「副交感神経」を優位にするように、オフの時はリラックスできる環境を整えましょう!!

出張回春マッサージを受けるとリラックスできます。

 

 

© 2020 出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGIUTA Powered by AFFINGER5