出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGUITA。35歳以上の人妻・熟女世代の女性マッサージ師が熟練された睾丸マッサージ(=ジャップカサイ)スキルで昇天させます。オイルマッサージ、鼠径部オイルリンパマッサージなどのマッサージスキルも抜群。そして睾丸を知り尽くした、そのジャップカサイのスキルは「金玉とは何か?!」をもう一度考えさせます。

出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGIUTA

セックスレスの背景

「セックスレスの背景」の説明

 

出張回春エロアンマ「人妻・熟女マッサージYUKARI」。35歳以上の人妻・熟女世代のマッサージ師が熟練された睾丸マッサージ(=ジャップカサイ)で貴方は「夢精のようなハッピーエンディング」を迎えます。その後はそのままお眠りください。オイル、鼠径部オイルリンパなどの正統的なマッサージスキルも抜群。そして睾丸を知り尽くした、そのジャップカサイのスキルは「金玉とは何か?!」を再考させます。「セックスレスの背景」の説明です。

 

❶ セックスレスとは?!

 

セックスレスとは?!日本性科学会の定義によると、「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義されている。しかし、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」とされる。

アラフィフ=シニア世代、の性に関する様々な調査が過去にも行われているが、どうゆう形式で行われるかはわからないが、日本人は「週に何回SEXはしますか?」と聞かれて、書面にしても正直に答えるのか?!はなはだ疑問ではありますが・・・。

それはさておき、調査上でも「セックスレス化」は進行しているらしい。半面、いろいろなアンケート調査などでは高齢者になっても性的欲求はあるという結果は歴然と出ているのに・・・。しかも70代になっても2割以上の夫婦は性交がある、という結果が出ている。

 

❷ 「セックスレス」増加の理由は?

 

例の毎年実施されるイギリスのコンドームメーカーの調査があります。「性交の頻度」を聞くもので、日本は毎年、最下位です。

明治生まれは、もちろん戦前生まれの、家の大黒柱である夫の「性的な要求」は今よりも絶対的に断れなかったのでは?!ところが、団塊の世代以降は多様な価値観もあり、夫婦間の性生活にそれほど重きを置かなくなったといえないか?!女性も断れる環境になったということ。

さらに経済状況が良くない、というような外的な要因で「セックスレス化」が進行という、こともあるでしょう。また、単純に外国との比較でいえば、家が絶対的に狭いだろうし、子供と同じ部屋で寝ざる得ないという夫婦も日本は多いことだろうし・・・。また、仕事についている女性も増えていますから、疲れたという理由で男性側の性的要求を拒否するということあるでしょう。

また、男性側の理由の上位は「仕事で疲れている」「面倒くさい」、一方女性側は「面倒くさい」「仕事で疲れている」「「出産後なんとなく」・・・。にわかに信用できません、あんなに若いころは「面倒くさい」ことを嬉々としてしていたくせに。

以上の様に「セックスレス」増加の理由としては様々あるでしょう。社会の様々な要因で変化するはずです。

 

❸ このままではいけない!!どうする「セックスレス」。

 

「仕事で疲れた」、「出産以降なぜか、なくなった」、「もう面倒」、以上が「セックスレス」になった、女性側の理由の一部。やはり夫婦間のことは難しい問題です。たわいない理由で「セックスレス」になり、「仲は悪くないけど、もうしてない」という夫婦も多いはず。でも「SEX」で若返ることも可能ですから、完全に「勃起」しなくなっても、シニア世代になれば挿入がすべてではないはず。挿入にこだわらない、スキンシップ、愛撫、オーラルセックス・・・、方法はたくさんあります。愛しているのなら、愛情確認という意味合いもあるでしょう。実際「セックスをする目的は?」という質問に女性側の一位は「愛情表現の為」、一方男性側は「性的な快楽の為」。大きくかけ離れている感があります。

出張回春マッサージという方法もあります。

 

しかし、夫婦間の問題は難しいという別の理由は、お互いの「性への欲求」の差があるということ。「若いころは旦那さんの要求に我慢して、受け入れてきたが、今は無理」というような、温度差。男性は性的な欲求が強いのに、女性は性欲なし、みたいな。女性も閉経後はあまり興味がなくなるともいうし・・・。

世の男性の皆様へ。そうです。そんな時は・・・・もし家庭内でむりなら・・・、

「そうだ、出張回春マッサージをうけよう」

・・・というのが、我々のご提案です。

Copyright© 出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGIUTA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.