出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGUITA。35歳以上の人妻・熟女世代の女性マッサージ師が熟練された睾丸マッサージ(=ジャップカサイ)スキルで昇天させます。オイルマッサージ、鼠径部オイルリンパマッサージなどのマッサージスキルも抜群。そして睾丸を知り尽くした、そのジャップカサイのスキルは「金玉とは何か?!」をもう一度考えさせます。

出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGIUTA

当店について

当店について

 

出張回春エロアンマ「人妻・熟女マッサージYUKARI」。35歳以上の人妻・熟女世代のマッサージ師が熟練された睾丸マッサージ(=ジャップカサイ)で貴方は「夢精のようなハッピーエンディング」を迎えます。その後はそのままお眠りください。オイル、鼠径部オイルリンパなどの正統的なマッサージスキルも抜群。そして睾丸を知り尽くした、そのジャップカサイのスキルは「金玉とは何か?!」を再考させます。「当店について」のご案内です。

 

❶「人は年を取れば枯れるのか?」

 

「高齢化社会」といわれてひさしいですが、その様々な問題点・課題については活発な議論を期待しますが、当店は「出張回春マッサージ店」ですから、もちろんここでは、「あらふぃふぃ=シニア世代」以降の「性的生活」に特化して考えたい。
日本は「高齢化社会」です。世の中は年金などの問題をネガティブに論じているだけで、一向に、高齢化社会の核心である「性的」な問題には触れないようだ。年金も大事だが、金玉も大事なのだ。
性の問題を語ることはさも、タブーのような・・・、印象はありはしないか?!それは日本だけなのか?!フランス人はカフェなどでも友人同士などでは積極的に「性について」、激論を交わすのか?!家庭でも子供の前で「最近はご無沙汰ね・・・」などと嫌味を言われるのか?!そして、老後の性生活を謳歌しているのか?!最近キレが今一の田原 総一朗、以外の司会で「朝まで生テレビ」で扱ってほしい。
介護保険制度がスタートしたのが、2000年。介護の現場にいるわたくしの友人から、現場での問題として「介護施設内での恋愛」があるという。施設内でも多少のプライベートな空間もあるであろう。そこで、抱き合ったり、さらにはことに及ぶらしい、・・・。笑えないが・・・。「リハビリ」の効果としても、精神的にまた肉体的にも、良い結果を生むこともあるらしい。新しい入所者が来る日には、普段は髭すら剃らない男性が手入れをしたり、いつもよりオシャレする女性が見られる、という。少し安心したのは自分だけ?!
ぜひ、「介護施設内の入居者」の性へのあくなき欲求を昇華させ、有能な現場スタッフにうまくリハビリに役立つ方法を開発してほしいものだ。
「普通のリハビリ」は社会復帰へのポジティブな目標もない、あんな単調なリハビリよりは、格段やる気になるだろうに・・・。人間は動機が不純なほど、やる気は出るものは、高齢者も同じだ。施設の女性スタッフの尻を触りたいから、寝たきりだったはずの老人が奇跡的に手を伸ばせた・・・(感動!!)、・・・でもいいではないか?
友人曰く、現場としては、やみくもに注意しずらいし、人生の大先輩でもあり、どうしたもんだか・・・?!という感じらしい。個人的な提案ですが、「施設内ラブホテル」を作り、施設利用者へのサービスとして、いや競合施設対策として、時間貸しするのはどうだろうか?「出張回春マッサージが呼べる 介護施設」という検索がトレンドになる日も、そう遠くいはないだろう。今後は高齢化社会もピークへ向かい、高齢者と呼ばれる人口も増していくことだろうから、新規入居者の入居条件として、ソフトの重要性が増していくであろう。そして該当施設も運営費の足しにできるのでは?!介護士さんへの給料アップへの道も開けるかも?!ごめんなさい。

結論は・・・、そう、人は「年をとっても枯れない」のだ。

それどころか「性への欲求」は人間には一番の精神的にも、肉体的にもリハビリ効果を生むのではないか?!別に「性的な行為」でなく、「好きな人に触る」という、シンプルな行為が年齢を重ねても「ハリのあるアラフィフ=シニア世代」の生活に潤いを与え続るのは、間違いありません。

今、「人生100年世代」に向けて、各人に「Quality of Sex Life=日本の性生活の質」の向上が試されているのです。

 

 

アメリカでは「ベビーブーマー」、日本では「団塊世代」。アメリカでは1946年から1964年までに生まれた約七千五百万人を一般的に指す。様々な分野で巨大市場を形成し、今や無視できない一大マーケットでもある。初期の方々は70歳を超え、すでに介護施設に入りまじめているであろうと、思われます。そこで日本ですが、世界でも有数の長寿国であります。「団塊世代」は外国の影響も受け、その文化を知り、PCも使いこなし、スマートホンをも持つこの巨大マーケットの力は、従来の介護施設に機能面でも、ソフト面でも改善を迫っていくのではないだろうか?!
性的な分野でも「メイドインジャパン」のクオリティーの高さを世界に見せつけ、再び「ジャパナズナンバーワン」を目指したいものだ。

❷「高齢者の性をどうしていけばよいのか?」

 

2003年に先進国で行われてきたヒトの遺伝子情報を解読する「ヒトゲノム計画」が完了。解読終了となった。ヒトゲノムは遺伝子情報のすべてであり、今後は病気の診断、新薬の開発への応用も大いに期待されている。それによると人間の生物学的な寿命は125年ということ。2017年発表の日本人の平均寿命は男性80.75歳、女性は86.99歳で過去最高を更新。しかし、まだまだ125歳には程遠い。「アンチエイジング」の分野に大きなお金が動くのは致し方ありません。その理想の寿命に近づいていくのかはまだわかりませんが、平均寿命は更新しづけていることも事実です。
結果、「人生100年世代」へ向け、アラフィフ=シニア世代の人生の過ごし方、その質が問われています。特に下半身の・・・。
今後は、人のライフスタイルも変わっていくでしょう。
話題のターゲットとなる年齢を絞りたいと思います。定年を迎えたり、介護施設に入るような年齢は?一般的には65歳以上でしょうか?その年になると、様々な理由で伴侶、またはパートナーを失い、そして介護施設に入る状況になる。また半面、妊娠も気にしないで、性を謳歌することができる環境にある方もいるでしょう。
また、長年付き添った伴侶、パートナーがいるが若いころと違い、自分の今の性に向き合ってくれない、・・・「どうも自分はまだまだ『現役』なのに」、「お一人様になってしまった」、「この年で絶倫だといいずらい・・・」などなど。
男性にも女性にも、そういう複雑な状況はあるのでは?!
しかし、健康であればあるほど「アラフィフ=シニア世代」以降もSEXをした方がいいのです。
高齢化社会における、ハリのある性的な生活。どうすればいい?!

❸「そうだ、風俗にいこう」

 

「人間は年をとっても、精神的にも、性的にも枯れないのだ」

一般的には男性側は加齢により、テストステロンも分泌も低下し、勃起不全(ED)になります。男性側がED知らずで性的に若々しくても、女性側が性行為を不快に感じていたり、逆に性行為がないことに、女性としての魅力がなくなったのかと、思い悩むことに至ったりで、いろいろと複雑で、難しい問題があります。

夫婦間の問題はデリケートです。決して仲が悪いわけではないのに、何かのタイミングで、以降セックスレスになった・・・、という話は私の周りでも、最近よく聞くテーマです。

 

人生の伴侶ともに健康で、アラフィフ=シニア世代以降も性生活も充実している、という状況は理想だろう。しかし、理想的な状況下にある老夫婦はごく一部であるようです。そしてまた老人になり、多くの人がまた、「おひとりさま」になっていくことも、また事実です。

いろいろな調査によると、高齢者どころか、割と中年期以降に「セックスレス」になる、夫婦も多いという結果が出ています。由々しき問題です。

一つ提唱したい。

やはり年齢に応じた性のカタチ、というか?!高齢者だからこそできることもあるはず。もう、そんなに挿入にこだわらずともいいはずだし、でも精神的にも性的にも「ハリ」というか、「若さ」を維持、保つためには今後の「人生100年世代」の超高齢化社会を楽しく、イキイキと生きていくためにも・・・。

 

 

「テストステロン」が多い人ほど長寿であるという調査結果もあります。人生100年世代に「健康で、ハリのあるアラフィフ=シニア世代」を送るためにも「出張回春マッサージ」を利用しない手はありません。

 

すでに

① 「お一人様」になってしまったが、まだまだ「性的に現役」のあなた、

②「アラフィフ=シニア世代」のご夫婦でいろいろな理由で「セックスレス」のあなたへ

③ 自分はしたいが、奥さんに断られることが続いて・・・、というあなた、

などなど、ぜひ「出張回春マッサージ=風俗をご利用いただきたい」!当店はアラフィフ=シニア世代の50歳以上のお客様を歓迎します。

Copyright© 出張回春エロアンマ 人妻・熟女マッサージ YUKARI・SAMPAGIUTA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.